Notice: Undefined variable: comm_post_id in /home/ms-hiro/s-hiro.com/public_html/wp/wp-content/themes/keni70_wp_cool_black_201604232349/module/shortcodes.php on line 196

 

こんにちは末広です!

あなたは「AISAS(アイサス)の法則」をご存知ですか?

インターネットが普及した現代!

Web時代の消費者の購買行動のプロセスについて解説します!

AISAS(アイサス)の法則とは

 

Web時代の消費者の購買行動のプロセスモデルとして、

日本の広告代理店の電通により、

AIDMA(アイドマ)の法則に対比されるものとして

提唱された法則のこと。

 

AISASの法則による消費者行動プロセスとは

・消費者が商品を知って、購入に至るまでのプロセス

 

  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)

     

  3. Search(検索)

  4.  

    Action(行動、購入)

  5. Share(共有)

AIDMAとAISASの違い

Attention(注意)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Action(購買)→ Share(情報共有) の頭文字を取った、インターネット普及後の消費者による購買行動プロセス。

AIDMAからDesire(欲求)Memory(記憶)が無くなり、3番目のプロセスにSearchAction(購買)後のプロセスとして最後にShareが追加されている。

 

・AIDMA

  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Desire(欲求)
  4. Memory(記憶)
  5. Action(行動)

・AISAS

    1. Attention(注意)
    2. Interest(関心)
    3. Search(検索)
    4. Action(行動、購入)
    5. Share(共有)

Web時代を象徴「Search」「Share」

◆AISASにおける「Search」検索とは?

 消費者が、製品やサービスに関心を持ち、

購入前にGoogle等の検索で情報を調べるプロセスを示す。

 

◆AISASにおける「Share」共有とは?

 

Action後の「Share」は、ブログやSNS、

クチコミサイト等で、製品やサービスに対する感想などを

投稿するプロセスを示す。(情報共有)

 

Web時代でもLPやセールスレターは…

LPやセールスレターの文章構成には「AIDOMの法則」

セールスレターの役割は、訪れた見込み客に対し、

上から下まで順に読んでもらうことで、効果的に購入を促す。

それがもしAISASだと、

途中でページを「離脱」される可能性が有り、

その時点で「商品を買ってもらう可能性」はほぼ無くなるから…。

 

AISASの法則まとめ

・2000年以降に日本の広告代理店“電通”が提唱したプロセスモデル。

・従来のAIDOMの法則が基本ではあるが、インターネットの普及により、

消費者の購買行動の変化に合わせたWeb時代のプロセスモデル。

・ただし、LPやセールスレターの文章構成にはAISASは向かない。

 

「AIDMA」と「AISAS」の違いを理解したうえで

今後のあなたのビジネスに役立ててください!

 

末広

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んであなたにとって“意味がない!”と思ったら、スルーしてください。  いや!、「知って良かった!」「いい内容だった!」と思ったなら是非、「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてブ」「メルマガ登録」などポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓