Notice: Undefined variable: comm_post_id in /home/ms-hiro/s-hiro.com/public_html/wp/wp-content/themes/keni70_wp_cool_black_201604232349/module/shortcodes.php on line 196

 

こんにちは、末広です!

今回の記事は、アメリカ出身の伝説的コピーライター、

ジョン・ケープルズから学ぶキャッチコピーの基本と最も大事なコツ、「売れるコピーの5大要素」

です!

ジョン・ケープルズから学ぶ、売れるコピーの5大要素とは?

 

ジョン・ケープルズとは?

アメリカ出身の伝説的コピーライター。

彼が1925年に書いた「私がピアノの前に座ると皆が笑った。でも私がピアノを弾き始めると・・・」という、米国音楽学校の通信講座で使われたヘッドコピーは大成功を収めたとして有名で、80年以上経った今もなお、ヘッドコピーの型として使われ続けている

ジョン・ケープルズによる売れるコピーの5大要素とは?

1.新情報

2.ベネフィット

3.興味を煽る

4.手軽さ、もしくは希少性

5.信ぴょう性

では、これらについて一つずつ説明していきます。

 

新情報

  • 新しさがないと売れない!
  • 意外にもココができていない人が多い…。
  • 競合と差別化できるような、新しい情報がないと見込み客には興味は持ってもらえない!

ベネフィット

  • 得をすることを伝える。
  • 購入後、どのような利益がもたらされるのかを伝える。
  • 要するに購入後の未来を伝える。

 

興味を煽る

  • これまでの常識とは違う内容にする。
  • 好奇心を刺激するようにする。
  • どれだけ見込み客の興味を煽れる書き方にできるかが大事。

 

手軽さ、もしくは希少性

  • どれぐらい簡単に手に入るのか、もしくは入手困難をちゃんと伝える。

●どこでも買える、値段が安いとか。もしくは期間限定、数量限定、特別価格とか。

 

信ぴょう性

  • 手軽さから生まれる疑い、もしくは希少性をガードするためには、信ぴょう性が大事。
  • 「なぜ安いのか?」もしくは、「なぜ希少性があるのか?」という部分があれば、説得力が増し、売れやすくなる。

 

売れるコピーの5大要素のまとめ

◆ジョン・ケープルズの、「私がピアノの前に座ると皆が笑った。でも私がピアノを弾き始めると・・・」いうヘッドコピーの型は今でも使われている。

◆ジョン・ケープルズによる売れるコピーの5大要素は、

1.新情報

2.ベネフィット

3.興味を煽る

4.手軽さ、もしくは希少性

5.信ぴょう性

この5つの基本を守るだけでセールスレターは結構変わります!

お試しアレ!

 

末広

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んであなたにとって“意味がない!”と思ったら、スルーしてください。  いや!、「知って良かった!」「いい内容だった!」と思ったなら是非、「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてブ」「メルマガ登録」などポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓