Notice: Undefined variable: comm_post_id in /home/ms-hiro/s-hiro.com/public_html/wp/wp-content/themes/keni70_wp_pretty_green/module/shortcodes.php on line 196

 

こんばんは、末広です!

あなたは、「世界的に一番反応が取れるコピーライティングの型」を知りたくありませんか?

このコピーライティングの型を取り入れれば、

あなたのレターは劇的に読まれるように変わるでしょう!

本日の記事は、

「世界的に一番反応が取れるコピーライティングの型「QUESTフォーミュラ」とは?」

についてです!

「世界的に一番反応が取れるコピーライティングの型「QUESTフォーミュラ」とは?」

 

・世界的 に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライターであり、

作家、コンサルタント としても活躍している

マイケル・フォーティンが提唱した法則。

・コピーライティングにおいて「世界的に一番反応が取れている」

と言われているコピーライティングの型。

・読み手の心理に沿った普遍的な原理原則。

 

QUESTフォーミュラの構成

QUESTフォーミュラの構成は以下です↓

1.Qualify  : (宣言、ターゲッティング)

2.Understand  : (理解、共感)

 3.Educate  : (教育)

 4.Stimulate  : (刺激、興奮)

 5.Transition  : (行動)

※フォーミュラ(FORMULA)とは公式、定型文。

では、これらを一つづつ説明していきます!

 

1.Qualify  : (宣言、ターゲッティング)

  • 読み手によって「有益な情報」だと宣言、約束する。

例)

『あなたの●●の悩みを私が解決します!』

 

2.Understand  : (理解、共感)

  • 読み手の悩みを理解し、共感していることを伝える。(ストーリーを織り交ぜる)

例)

『あなたの●●の悩みは痛いほど分かります。なぜなら私も昔は同じ●●で悩んでいました…。』

 

3.Educate  : (教育)

  • 読み手に商品やサービスを説明、アピールする。

(※信頼関係の構築)

例)

『実際に私も使ってみましたが▲▲で●●が解消されました!』

 

4.Stimulate  : (刺激、興奮)

  • 読み手に商品やサービスを手に入れた後に体感出来るベネフィットを伝えて感情を煽る。

例)

『この▲▲であなたの理想のライフスタイルが手に入ります。』

 

5.Transition  : (行動)

  • 最後に具体的にどういう行動をしてほしいのかを提示、促す。

例)

『この●●の悩みを解決するにはこのような行動をして下さい。』

 

QUESTフォーミュラをさらに有効活用するには?

  • ネットビジネスでは、マーケティングとコピーライティングの2つが備わってこそ効果を発揮できるスキルであるため、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の教育、販売に併せると効果的。

 

  • さらにマイケル・フォーティンが提唱した「GDT法則」とも併用するのも効果的。

※関連動画⇒ 「GDT法則」

 

QUESTフォーミュラの法則まとめ

●世界的に有名なコピーライターのマイケル・フォーティンが提唱した

「世界的に一番反応が取れている」と言われているコピーライティングの型。

QUESTフォーミュラの構成は、

Qualify:宣言、

Understand:理解、

Educate:教育、

Stimulate:刺激、

Transition:行動、は読み手の心理に沿った普遍的な原理原則。

●「DRM」や「GDTの法則」と併用すればなお効果的。

※関連動画⇒ 「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」

 

QUESTフォーミュラをステップメールや

セールスレターに活用して

あなたのビジネスに役立ててください!

 

末広

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んであなたにとって“意味がない!”と思ったら、スルーしてください。  いや!、「知って良かった!」「いい内容だった!」と思ったなら是非、「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてブ」「メルマガ登録」などポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓