※ここから先は本気で稼ぎたくない方は見ないでください!

 

こんにちは、末広です!

今回の記事は、

【稼ぎたくない人は閲覧禁止!】カリギュラ効果とは?

についてです!

 

 

【稼ぎたくない人は閲覧禁止!】カリギュラ効果とは?

 

いきなり失礼しました!

 

しかし、

※ここから先は本気で稼ぎたくない方は見ないでください!

と言われて、

余計この先に興味が湧きませんでしたか?

 

「カリギュラ効果」とは?

 

◆ダメ(禁止)と言われると余計に興味が湧いて気になってしまう心理。

◆コピーライティングの世界ではよく使われる手法であり、心理学の中でも強力な部類である!

 

 ※子供の頃、親に「ここに入っちゃダメ」、「コレをやっちゃダメ」

と言われたら、余計にやってしまいたくなったことと同じことです。

 

「禁断のスクープ!」

 

◆一番身近で分かりやすいのが週刊誌の「袋とじ」です!

※人はタブーな情報に敏感でもある)

 

あれも「カリギュラ効果」を使ってお客さんの

購買意欲を煽っているのです。

袋とじの中身が「禁断のスクープ」

↓↓↓

買わないと見れない!

 

「決して他人に話さないでください…。」

 

◆CMや映画のキャッチコピーで使われている、

「この物語のエンディングは決して他人には話さないでください…。」

「カリギュラ効果」である。

 

◆さらに人はタブーな情報に敏感なので、

余計に他人に話ししたくなり口コミ効果も増える。

 

なんでも「禁止」すればいいわけではない…

 

◆セールスレターなどで使い方を間違えると効果は出ません…。

 例えば以下のキャッチコピーがあるとします↓

・「このノウハウは効果絶大です!是非お買い求めを!」

 コレを間違った使い方をすると…↓

・「このノウハウは効果ありません!買わないで下さい!」

※これでは本当に効果のないノウハウという印象しか受けないし、売れない…。

 

では良い使い方とは?

 

「●●の人でなければ、おすすめ」というコピーが理想である。

 例えば先ほどのキャッチコピーだと↓

・「このノウハウは効果絶大です!是非お買い求めを!」

 コレを良い使い方にあてはめると↓

・「このノウハウは本気で取り組まない人には、お金の無駄です。本気でこのノウハウに取り組む人には効果絶大です!」

 

興味を持ってもらえる以外の効果

 

◆先ほどの良い使い方の場合「カリギュラ効果」は興味を引くだけではなく

「押し売り感」を消すことも出来る!

・「このノウハウは本気で取り組まない人には、お金の無駄です。本気でこのノウハウに取り組む人には効果絶大です!」

 

※「本気でこのノウハウに取り組む人には効果絶大です!」

の部分で、本気の人に対し、興味を煽り勧めている。(・押し売りに成っていない)

 

※「このノウハウは本気で取り組まない人には、お金の無駄です。」

の部分で、本気の人以外をスクリーニングしている。

 

「押し売り」感が無くなることで、

売り手にも買い手にも気持ちよくやり取りが出来る!

 

「カリギュラ効果」まとめ

 

◆ダメ(禁止)と言われると余計に興味が湧いて気になってしまう心理。

◆さらに人はタブーな情報に敏感なので、

余計に他人に話ししたくなり口コミ効果も増える。

◆使い方を間違えると効果は出ません…。

「●●の人でなければ、おすすめ」というコピーが理想である。

「押し売り感」を消すことも出来る!

 

あなたもこの「カリギュラ効果」を使って、見込み客の興味を煽って下さい!

 

お試しアレ!

 

 

末広